五月病と適応障害とは



五月病とは、春になって学生や新入社員が心身に不調が現れる症状です。

しかし、これは正式な病名ではありません。

適応障害」が、この症状の病名です。

環境に適応できずに、やる気が出ず、食欲不振や睡眠障害に陥ります。



この適応障害は、学生や新入社員だけの病気ではありません。

「新しい環境に適応できない」という場面は、様々な機会に訪れます。
 ・転職
 ・退職
 ・結婚
 ・引越し



適応障害には、次のように症状があります。

1. 不安気分を伴うもの
   不安、心配、いらいら感

2. 抑うつ気分(気持ちが重い、暗くなる)を伴うもの
   希望を見出せない、涙もろい

  1と2の両方を伴う状態もあります。

3. 行為の障害を伴うもの
   社会規範や規則に適応できない

4. 情緒的症状と行為の障害、両方を伴うもの

  1や2の症状と、3の症状の両方を伴う状態もあります。

5. 身体的愁訴(しゅうそ)
   疲労感、頭痛、不眠など身体的症状

6. 引きこもりを伴うもの
   社会的引きこもり



適応障害とは、普通よりもストレスの重い状態です。

現代社会の中では、多くのストレス因子が存在します。
 ・事故
 ・自然災害
 ・学校
 ・職場
 ・近隣での人間関係



誰でも心に動揺が起こりえる状態にあります。

ですから、誰でもこのような症状がでる可能性があります。



適応障害は、適切な治療を受けると、多くは3ヶ月以内に治ります。

五月病適応障害を不安がらずに、自分自身を見つめる機会ととらえてください。

心にゆとりを持って生活することが大切です。

もっと知りたい→メンタルブログランキング


五月病と加工食品の関係



五月病と食事には、切っても切れない関係があります。



春は、新しい生活が始まって希望に溢れる季節ですね。

それと同時に、環境の変化や不安から、五月病の症状に陥る人が多い季節です。

生活リズムが崩れ、時間がなかったりすると、インスタント食品、加工食品、惣菜などに頼った食生活になる人も多いでしょう。

栄養バランスをよく考えて、サラダや果物などを加えつつ、上手に加工食品を使って五月病を乗り切りましょう。



加工食品を利用する上での注意点をご紹介します。



加工食品の包装には、原材料を明記することが義務付けられています。

原材料表記の順番は、多く含まれている順です。

食材が先に表記されて、その後に食品添加物が表記されています。



製造日、賞味期限、消費期限、製造者名が表記されていますので、常に見るよう心がけましょう。

開封後は、なるべく早く使い切るようにしてください。

食品知識は、自分と家族の体を守ることにつながるのです。



惣菜、つまり、その場で作って並べている商品には、食品表示の義務がありません。

気になる場合は、温めなおして食べるようにしましょう。



日本人の摂取する平均栄養素は、カルシウムが不足し、脂肪や塩分の取りすぎになりがちです。

カルシウム不足は、将来、骨粗しょう症になる危険性があります。

脂肪や塩分の取りすぎは、将来、生活習慣病を引き起こすかもしれません。



おいしいものを栄養バランスを考えて食べることが、五月病を始めとしたストレスに負けない体作りに役立ちます。
もっと知りたい→メンタルブログランキング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。